CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
【紀友見聞録2008】 いきなり最終章 〜春まで長い、打ち上げ花火〜
学校祭が終わって早1週間・・・

エ!?1週間!!

オレは一体何をしているのだろうか?
学校祭が終わって1週間も経ってるのに
なんでオレは未だに学校祭の記事を書いているのだろうか・・・
それはオレが学校祭について未練タラタラなわけでも、
特別楽しかったというわけでもない。
SOー!オレが更新サボってるからだ。


ども、ハチベエです^^
最近、こんな感じの入り方ですいません。
まぁ、いつもの事だから許して♪
でも流石にこのままダラダラと学校祭のことについて書いてては面白くないので
ちゃっちゃと終わらせましょう。。。



ウチの学校祭には2日目の夜に打ち上げ花火をする。
盛大なフィナーレってやつで、
運動場から打ち上げてくれるので
秋の夜空にでっかい綺麗な花が咲く。
結構綺麗なので毎年楽しみにしているのだが、
今のところ1回も女の子と2人でいたことは無い!
なんか毎年男ばっかで見ている記憶しかないな。

嗚呼、カナシス

で、案の定今年も変わらない。
まぁ〜例年と違っているのは、
ロボコン部の人たちと仲良くなれたことだろうか。
そして最大のミスは、
そのロボコン部の女部員たちにオレのドMを露呈してしまったことであろう。。。

そんなことはドーデもいいとして、
つまり今年も周りがカップルで見ている中
オレは男たちだけで寂しく見ていたのだが、
雨風ヤバすぎ・・・
大袈裟に言えば→まるで台風のように強風で
小さく言えば→30ミリぐらい降ってたんじゃない(わからん、テキトー)
というくらい雨がヤバかった。
今日、花火なくなったなと思ってたら、まさかの雨天決行!!
おお!花火師と実行委員会の皆さんの執念深さに感動だな。


んで、傘差しながら何とか見てたんですが
凄まじい雨風で無条件に濡れる。。。
もうやけになったオレたちは傘を捨てて雨に濡れながら見て、
終いには
「たまや〜〜〜!」
なんて大声で叫んでました。
花火が終わるころにはずぶ濡れで、
捨てられた子犬みたいに寒さで震えていました。
(その2日後に風邪で学校を休むことになってしまったのは忘れることにしよう。)


はぁ・・・(-。ー;)
来年こそは必ず、女の子と2人で花火を見る!!
つーか、来年が最期か。
オレ、なんも成長してねぇな。笑
| 紀友見聞録 | 00:59 | comments(0) | - | -
【紀友見聞録】 第2章 〜感劇だ!!〜
こんばんは、ハチベエです^^ズズッ
実は風邪ひきました・・・ズズッ
今回は鼻からきました。ズズッ
うう〜、ティッシュくれ〜〜〜ズズッ
(以下、「ズズッ」略)

まぁ、この風邪の原因に心あたりはある。
でも、後で記事に書くとして
思い当たる風邪をひいたもう一つの要因。
それは「病は気から」ということわざもあるように
心配事があったからだろう。
オレが思うに学校祭の劇が終わって、心配事から開放されたからだろう。



まぁ、以前からブログでも更新していた通り
オレたちの劇は厳しい状態にあった。
台本の遅れに始まり・・・
本番4日前にアテレコの声をとり、
本番2日前に尺(上演時間)の問題、
本番当日までに衣装が完成できずに教室に篭もって衣装をつくるなど
いわゆる、台本担当のハチベエが悪いのだ。


本番当日になんとか準備完了。
本番まで控え室でそれぞれの衣装に着替えるのだが、
本番を前にしたみんなの緊張感はハンパなかった。
まぁ、オレはその緊張感がたまらなく好きなのだが・・・

劇はハプニングに次ぐハプニングで終わったが、
まぁ〜オレららしい劇であったであろう!


話は変わるが、
オレは劇の台本を書いていて毎回実感することがある。
どんなに面白い話を書いても、
それを演じる役者がいないと劇にならないし、
また、音響や照明、衣装などによってもっと面白くなったり迫力が増したりと
裏方の仕事人がいなければつまらない作品になってしまうだろう。
面白くない話にしても同じだ。
まぁなんつーか、一人じゃ何も出来ないってことだな!
実際、だらしない責任者であるオレが
周りに何度も助けられてるのは事実だし、一人でやってたら確実に失敗だった。
みんなの脅威の追い込みが今回の劇をナントカ形に出来たのだと思う。



なんか、真面目な話になってしまったが
みんなに感謝してるってことだ!
来年こそは・・・必ず!!
| 紀友見聞録 | 23:35 | comments(0) | - | -
【紀友見聞録】 最終章 〜そして、終焉〜
ということで今年の学校祭はそろそろ終わりです。
楽しい時間はあっという間に過ぎていくんですね。
これも人間の心理というやつでしょうか

さて、
実はというと、閉会式とかそんなに書くこと無いです。
なぜ最終章なんか作ってしまったのだろうか?
そう考えて、自問自答

第1章〜第4章まで作ってしまったんで
とりあえず最終章を作らなければいけないという
日本人特有の“形式魂”が「最後は形だけでも・・・」という想いで、
中身の無い“最終章”を作ってしまったのでしょう。
残念です。


ということで最終章はここで終わり!!
来年の学校祭もやろうと思うのでお楽しみに。
| 紀友見聞録 | 22:34 | comments(4) | - | -
【紀友見聞録】 第4章 〜痴態!変態!歌いたい!〜
2日目は晴天なり。
ということで、1日目は雨で中止になっていたある企画が解禁された・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
カラオケ。
それは、個室で繰り広げられる極上エンターテイメント。
日本のスナックで生まれたと言われるそれは
人々の心をキャッチし未だ飽きられることを知らない。
もうジャパニーズカルチャーと言っても過言ではないかもしれない・・・
でもな、個室でやらなければいけないのか?
否!!アウトドアでもいいじゃないか!!
そして今宵、某国立高専で宴を開こう!

さぁ!集え若人よ!!あのステージに立ち歌おうではないか!

己の虚勢を脱ぎ払い、痴態を見せ付けろ!!恐いもんなんて最初だけさッ
出場資格??そんなもん、歌いたい奴が出ればOKさ!

叫べ!吼えろ!そして、歌え!
マイクがそこにある限り、雲の上の神様に聞かせてやろうじゃないか!!

痴態!変態!歌いたい! 青空カラオケ大会の開幕だぁーーー!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



ということで2日目はアウトドアステージでカラオケ大会が開かれました。
つーか、K−1の前説みたいにカッコ良くしようと思ったら
なんか長くなってしまいました
m(。。)mスイマセン
ちなみに大会名も勝手に付けさせてもらいました
そこら辺の関係者の人 m(。。)mスイマセン


で、そのカラオケ大会に
クラスの露店の広報担当として出ることになったんですよ。
まぁ人前で歌うということなのであまり乗り気じゃなかったんですけどね。
出場メンバーはハチベエNe56FEの3人でした
そして選曲は『Butterfly(デジモン)』

アニソンですけど何か?

だって隠れた名曲ですよ〜
これをカラオケで歌わなきゃカラオケじゃないでしょ!!


そんなわけでオレたちの番。
『ごきげんな蝶になって〜♪きらめく風に乗って〜♪』
・・・・・・ここで残念なお知らせがあります。
もうこの時点(唄い出し)で音をはずしちゃいました。。。(-_-;)
ええ、言い忘れてましたがオレは音痴です。
ごきげんな蝶にもなれず、きらめく風にも乗れませんでした・・・
そんなわけで痴態をさらけ出して幕は下りました。
一言
「みんなゴメン。オレ広報担当を辞任します!」


そんなわけで、
役立たずな元広報担当の代わりあの5人がステージに立つのであった・・・
redヒトミさんMDMAたにうちFE(本日2度目)
そして選曲は『創聖のアクエリオン』

アニソンですけど何か?

今パチンコのCMで話題沸騰中のあの曲ですよ!!
ヒトミさん、ナイス選曲!(^_-)b

ショータイムが始まりました!
5人で歌うのかなと思いきや
歌うのはred、ヒトミさん 
そしてMDMA、たにうち、FEはバックダンサー
始まる前になんか集まって相談してたけど、こういうことだったのね!!
オレ、広報担当から降りてよかったぜ!

歌は最高潮に盛り上がった!
クラスの違うまゐも駆けつけてくれて
みんなでノリノリで応援してました。楽しかったなぁ〜



その日の夜、歌に感動した元広報担当は
『創聖のアクエリオン』を着うたフルでとったそうな・・・
| 紀友見聞録 | 03:14 | comments(1) | - | -
【紀友見聞録】 第3章 〜くいしん坊万歳!あ〜ん最高!!〜
学校祭も2日目に突入しました。
2日目は1日目と違って工場の説明は無かったので、
クラスの露店の焼きそば屋さんの手伝いをしてました!!
まぁ手伝いといっても調理従事者じゃないんで調理は出来ませんので
店の前で客引きをしてました。

それにしても、一緒に客引きしてたMDMAが凄かった!
100円ショップで買ってきたメガホンを持って
とても高校生とは思えぬ“客引きスーパーテク”でお客さんをかき集めてました。
さすがスーパーでバイトしていただけのことはあるな!
よし!オレもガソリンスタンドのバイトで身に付けた接客を
見せ付けてやるゼ!!

【妄想中】
いらっしゃいませ〜
オーライ、オーライ、オーライ...ハイOKです!(客を店まで誘導する)
いらっしゃいませ、こんにちは。
今日は焼きそばにしますか?オムそばにしますか?(商品を確認)
はい、焼きそばですね。
量の方は満タンLでよろしかったですか?(量を確認)
ハイ、わかりました。
あと支払いの方は現金ですか?前売りですか?(お支払い方法を確認)
ハイ、それでは焼きそば満タン、現金でよかったですね。
かしこまりました!少々お待ちください。
焼きそば満タン入りまーす!!







めちゃくちゃウザッ!!

我ながら凄くうっとうしいと思いました。
辞めといたほうが良かったですね。
まだまだ接客は続くんですが、長いのとグダグダになりそうなので中断しました
てか、読みにくくてスイマセン(..)



さて、妄想はここまでにして
さすらいの旅人であるハチベエ様が
1日中露店の客引きをやっていたわけではありません。
色々とやらなければいけないことがあったのでね・・・
前売り券を使い切る!!
学校祭の前には色々な露店の人から前売りを買わせられるのだが、
今年は10枚以上あった。
しかも1日目で1枚も使えなかったので全部使わなければいけなかった。


ということで色々店を回っていたのだが、
とりあえず最初は、
5年電気工学科の唐揚げ屋に行くことにしました。
ここには部活の先輩がいたので買わされたのだが、
唐揚げ&フライドポテトセットフライドポテトを押し売りされた。
最悪だった
とりあえず店へ行き、前売り券を出して
唐揚げ×1 フライドポテト×2を貰った。
しかし、もう1個唐揚げを買え!と言ってきた。
もちろんオレはもう無駄遣いをしたくなかったので断ったのだが
先輩は食い下がってくる。
そうやってオレと先輩の攻防が続いたのですが、
先輩の一言がオレの心の中にあったベルリンの壁を1発で打ち砕いた!

先「じゃあ、ウチの女子が“あ〜ん”してやるから、買えよ」

8「わかりました。」

我は欲望に負けたのだ・・・
仕方ないでしょ!そんな経験今まで無かったんですから!
でも“あ〜ん”は良かった。
あんなに胸がトキメいたことはあっただろうか?いや、ないだろう・・・
で、結局→ 唐揚げ×2 フライドポテト×2 になりました。

フライドポテト 150円

唐揚げ 200円

そして、“あ〜ん”はプライスレス!



結局、そんな調子で全部回れるわけもありませんでした・・・
| 紀友見聞録 | 00:50 | comments(3) | - | -
【紀友見聞録】 第2章 〜日曜日よりの使者〜
1日目はずっと工場にいたわけではない。
クラス対抗企画で合唱があった。
まぁ合唱って言っても男子40名 女子2名のクラスだからね、
そう簡単に合唱なんて言えませんよ。
ということで今回は、
そんな合唱とはかけ離れた男女比率の中で
諦めずに挑戦した3年機械工学科、通称3Mのことを書き綴ろうと思う。



さかのぼること今年の6月。オレたちは絶望していた
が無い!
学校祭のメインイベントであるクラス対抗企画に劇が無かったのだ!
3Mはこれまで、1年・2年と劇をやってきた。
その天才的&変態的人間が集まるクラス故に
最高のショータイムを学校祭の舞台でやってきて観客の爆笑を誘っていた!
そして今年も『最高のショータイムをやってやろうぜ!』と意気込んでいた。

だがしかし、今年はその劇が廃止!
かわりに“合唱”“ファッションショー”という意味の分からないものが
入っていた。
オレたちは渋々“合唱”選択した

「女子2人しかいないのに合唱できるのか?」
「合唱にならないんじゃない?」
「曲はどーするんだ?」
「ニューヨークへ行きたいか?」

そんな、クラスの中で半ば諦めかけた意見が飛ぶ中
曲はザ・ハイロウズの『日曜日よりの使者』に決まった
多分ほとんどの人がCMなどで聞いたことがあると思うが、
まぁ〜なんか・・・
説明するのが面倒なのでYOU TUBEにでも行って聴いといてくれ。
そこら辺はあなたに任す。


で、話はめちゃくちゃとんで本番当日。
練習中に色々と衝突があったが、なんとか本番を迎えられた。
本番は予想以上に上手く歌えた!!
てか、今までで一番よかったかも知れない。
観客も拍手喝采で大盛況だった!!!!

あの辛口コメンテーターで知られるMDMAも「ヨカッタ」と言っていたほどだ



とまぁこんな感じである。
実は構想段階では
もうちょっと小説っぽくして、かっこよく書こうと思っていたのだが
だんだん面倒くさくなってきて
結果的には昼メロのような急展開で中途半端に終わってしまった・・・
残念である。
人間、慣れないことをしないほうがいいね
| 紀友見聞録 | 00:16 | comments(2) | - | -
【紀友見聞録】 第1章 〜只今、スベッてます!〜
オレが通う某国立高専では学校祭と共にオープンカレッジが開かれます。
オープンカレッジでは各学科が
功績や研究などを発表したり、
自分たちが普段どんな授業をしているかを実演したりします。
まぁつまり、楽しい楽しい学校祭の裏でジミーなことをしてるってわけです。
そんなことを言っているオレですが
1日目はそのジミーな手伝いを率先してやっていました。
自分の名誉のために言っておくが、オレは決してヒッキーではない。
ただ、人ごみが嫌いなだけだ・・・
(確実にヒッキーだ!!)


まぁそんなわけで、お馴染みのNe56と一緒に一日中手伝ってました。
我がいる機械工学科は毎年
実習工場で実際に機械を動かしたり、
大会に出場したロボコンをお客さんに見てもらうという
いかにも機械科(?)らしいことをしている。
なので、なぜか“インテリ君が集まる学科”と民衆からは見られがちだwww

機械工学科出身のオレとしてはどうもこういう状況が納得できない!
『機械科には面白い奴らがいっぱいいるんだよ』
『機械科にはイケメンがいるんだよ』
『機械科にはバイクや車に乗っている奴だっているんだよ』
『機械科には女の子だっているんだよ(我がクラス2名)』
『機械科には彼女がいる奴だっているんだよ(ハチベエ無し)』
『機械科には勉強できない奴だっているんだよ(主にハチベエ、MDMA)』
『機械科にはエッチな本やビデオが...(殴』

まぁそんなイケイケ♂な奴らがいるってことを伝えたいわけですよ!

そういうこともわけあって、
オレとNe56は“楽しい機械工学科♪”という伝えたいばっかりに
機械の説明を漫才やクイズを織り交ぜていこうと思ったわけである!
(ほぼオレの強制的提案だが。)

前日に!


勿論、前日に決めたということで成功するはずも無い。
わかりにくいボケと突っ込みでスベリ、
クイズも中途半端に終わり、
機械の説明もろくにできなかった。
そしてなにより機械の音が会話が出来ないくらい大きすぎて聞こえなかった。
機械の爆音を恨んだ!

そんなグダグダな状況にお客さんはというと、
約半数の人が去っていった。
そして、オレは実際に聞いてはいけないのだが
来ていた5歳ぐらいの女の子は『つまらん』と言っていたらしい。

この時にだけは機械の爆音に感謝した・・・
もしあの時聞いていたらと思うと...怖いです!

その後、普通の説明に変えたのは言うまでもない・・・・・・

| 紀友見聞録 | 23:01 | comments(2) | - | -
【紀友見聞録】 前書き
こんばんは、病み上がりのハチベエです^^
熱もだいたい下がって復活!!
・・・といきたいんですが、
鼻水や咳がまだ止まらないので完全とは言えませんね。
あ!そうそう、労わりのコメントやメールをくれた方アリガトウございました!
おかげで元気出ました!!(^・^)d


それにしてもアレですね。
風邪薬ってめちゃくちゃ高いですね!!
風邪薬を飲もうと、母が家にあった置き薬を持ってきたのですが
その商品名が

ロン!!





ジャッキー・チェンの映画に出てくる悪役の名前か!

しかもデザインがどうも古い。
いかにも90年代前半みたいなデザインで、効くかどうか不安になってくる
(その会社を批判することになるので、写真を載せられないのが残念です)
ということで母に
CMに出ているような風邪薬を買ってきてもらうことに・・・
で、買ってきたのが“パブ○ン”
「これは観たことあるから効くね」と安心したのもつかの間、
値段シールが貼ってあったのでみると
1346円!!
高いッ!こんなにするとは

せいぜい700円くらいだと思っていました。
世間を甘く見てました。
母はお金を持っていると思っていました。
お母さんゴメンナサイ、わがまま言って。
ボクはロンで我慢するよ!



そんなこんなで今日は
文化祭の事書きますので見てってね。
結構いっぱい書くつもりなので、書きあがったらUPします!
ちょっとずつ見てってください。
それじゃあ

Let’s go!
| 紀友見聞録 | 22:53 | comments(0) | - | -
| 1/1PAGES |