CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 眠たい | main | ゲル貧 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
カマクラ
先日、4人の小学生がカマクラを作っているところを見た。
小さい体で大きなスコップを持ち、重たい雪を運ぶ。
そして、水をかけたり叩いたりして雪を固めていく。
この作業を繰り返していく。
だが、小学生の体格や力では果てしない作業であることは明らかである。


皆さんも作った覚 えはないだろうか?
でも、結局完成しない。
予想外に雪が重かったり
雪が足りなかったりで、
最終的には諦めたことを覚えている。
案の定、先ほど述べたカマクラも諦めの跡が無情にも見えた。

でも、冬が去ってまた冬がやってくると、
またカマクラを作ったものだ。
まるで『初めて雪をみる』かのように、去年のことを忘れてカマクラ作りに勤しむ。

小学生の頃は雪を見ると、
カマクラを作ることに情熱が湧いてくる。
不思議と完成に揺るぎない自信があるのだ。
でも、それは見事に打ち砕かれる・・・
雪の重さや寒さという現実にぶつかって。


それでも毎年カマクラを作り続ける彼らや、あの時のオレを見習いたいものである。
| メディア編 | 00:59 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
| - | 00:59 | - | - | -
コメント
コメントする